事業紹介 BUSINESS LINES

HOME>事業紹介>酒類

酒類

伊藤忠食品は、洋酒食料品雑貨の輸出入商および卸問屋業を祖業としており、現在でも酒類取引が約4割を占めます。酒類の中でも特に「ワイン」の提案を強化しており、16年4月にワイン強化推進チームを発足しました。また、海外ブランドの国内展開、オンリー1といえる品揃えの実現に向けて取り組みを強化しています。第一弾として、全米No.1プロセッコの「Mionetto(ミオネット)」と日本における独占販売契約を締結しました。今後、更に商品調達力と企画提案力の向上を果たすべく、2016年9月末までに輸入専門商社リードオフジャパン鰍フ発行済株式総数の20%超を取得する資本業務提携を基本合意しました。

全米No.1プロセッコ「Mionetto」

ミオネットは1887年創業のイタリアの老舗ワイナリーで、スパークリングワイン世界大手のドイツ・Henkel & Co.Sektkellerei KG(ヘンケル&カンパニー ゼクトケラライKG)のグループ会社です。イタリア、アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ等での展開に続き、日本市場への参入を検討しており、この度当社と契約いたしました。
ミオネットはアメリカで約500万本の流通実績があり、プロセッコ市場の約20%を占めるアメリカNo.1ブランドです。当社は、Mionettoをオン・トレード(ホテル・バー・レストラン等)向けに発売し、日本国内におけるブランドづくりに取り組み、その後、百貨店・量販店等のオフ・トレードへの展開を目指していきます。


プロセッコとは?

イタリアヴェネト州等で生産するDOCG・DOC格付のスパークリングワイン。グレラ品種を100%使用し、シャルマ方式と呼ばれるタンク内二次発酵で製造され、「フルーティーな香り」「辛口のすっきりとした味わい」「手ごろな価格帯」が特徴。全世界の生産量は3億700万本とシャンパンの生産量3億400万本を上回り、世界で最も飲まれているスパークリングワインです。

リードオフジャパンとの資本業務提携を基本合意

リードオフジャパンは1985年に設立された酒類・食品の輸入専門商社です。世界各地のアルコール飲料の他、南米のスーパーフード等の取り扱いでも知られています。「酒類・食品の輸入調達および国内販売の拡大」「新規ビジネスの研究・推進」等、相互協力等の具体的内容について、両社間で分科会を設けて協議をすすめていきます。
ページの先頭へ