CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

HOME>CSR>マテリアリティ(重要課題)>CSR担当役員メッセージ

マテリアリティ(重要課題)

当社は企業理念に基づき、本業を通じたCSR・CSV活動を行っています。2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)など、サステナビリティに関連する世界的な動向を踏まえ、中期経営計画の目指す姿を支える事業基盤として、ESGとも連動するマテリアリティ(重要課題)を位置づけました。
CSR活動の活性化を促し、社員一人ひとりが具体的にマテリアリティ(重要課題)に取り組めるよう、取り組み施策、具体的取り組み、成果指標の設定を行い、中期経営計画の基本方針と連動させながら、持続的成長の基盤を構築していきます。

CSR担当役員メッセージ

本業を通じた社会課題解決への取り組みを進め、
持続的な成長基盤を構築していきます。


当社は2012年度に、企業理念である「健康で豊かな食生活創り」を基本とした「CSR基本方針」を定め、ステークホルダーの皆様とともに持続可能な社会の実現を目指してきました。

近年、持続可能な開発目標(SDGs)など、世界中でサステナビリティ(持続性)の実現に向けた動きが加速しています。持続性を追求するには、環境変化や社会的要請を先取りした成長戦略を策定し、その将来像に向かっていち早く動き出すことが重要だと考えています。

2020年度よりスタートした新しい中期経営計画「Transform 2022」の中で「社会課題解決への取り組みによる持続的成長基盤構築」を目指す姿の一つに掲げるとともに、取り組むべき6つのマテリアリティ(重要課題)を特定しました。主な項目として、食のライフラインとしての役割を強化・整備する「安心・安全な食の安定供給」、ホワイト物流推進や製・配・販連携による「物流機能の向上」、食品ロス・廃棄物削減を推進する「環境型社会への取り組み推進」など、本業を通じた社会課題解決に寄与するとともに、SDGsの達成にも貢献をすることを目指していきます。

今後も社会からの期待と要請に応え、「健康で豊かな食生活創り」を一人ひとりの社員が実践することで、6つのマテリアリティ(重要課題)解決へ取り組み、さらなる持続的な成長基盤を構築してまいります。


執行役員
経営統括部門部門長(兼)CSR担当
魚住 直之

 

  • CSR 報告書

2020年より、CSR報告書はコーポレートレポートに合冊させていただきました。
コーポレートレポートおよびCSR報告書バックナンバーはこちらからご覧いただけます。

ページの先頭へ